ドッグダンス本番で練習通りの成果を出す為には?

貴方がドッグダンスをしている理由はなんですか?


人それぞれ

理由があるとは思うのですが

大半の方が


”犬が楽しそうだから”


ではないでしょうか?


私も、

保護犬として引き取った

故ゴールデンレトリバーのルーシィが(↑写真)


とっても賢くて

とってもいい子だったのですが、

とにかく、

何をしてもしっぽがあがらない。


それが、

ドッグダンスを始めた途端、

こちらの記事にUPした動画、

レッスン動画ですが・・・

ご覧あれ! ⇒ 昔のドッグダンス動画を見て思った事


こんな風に

しっぽブンブン!

楽しそうにしているのを見てビックリ!


もちろん、

手に持っているご褒美目当てではあるのですが

ドッグダンスを始める前は

たとえ、

ごはんの時でも

おやつの時間でも

こんな風にしっぽをブンブンふることはなかったのです。


A先生のレッスン、

とても楽しかったのは


最後にショートルーティーンを

毎回、違う曲で踊らせてくれたこと・・


曲がかかって

一緒に踊っている間

ルーシィは

ずっと私のことだけを見ていてくれて

一緒に動いてくれることが

とても嬉しくて

楽しかったのです。


ニコラを迎えて

本番を何度も経験して

いつもいつも落ち込んでいた理由は


あれができなかった!

これもできなかった!


ということではなく

(もちろん、それもあったのですが(爆)


一番の理由は


本番中

ニコラが

動きがトロトロで

全然、楽しそうに見えなかった事。


練習では

もっともっとテンション高いのに・・。


いつもいつも

悩みの種でした。


練習で

本番通りの成果が出ない理由。


その犬それぞれ、

また、その時それぞれで

理由はさまざまあると思いますが、


最も大きい

最も多い

理由が・・・。


”環境”


人間も、

人の視線とか

なんか、感じる・・・

ってありますよね。


動物は

そういった事にもっと敏感です。


リンクに注がれる沢山の視線。


目に見えてはいないものの

クレートの中に、

また外にいる

興奮した

ストレス沢山の

他の犬たちの存在。


そんな中、

たった一人の

信用できる

ハンドラーも、

なんかいつもと違う感じ。

こちらの記事にも書きました ⇒ やめる勇気


一時期、

服従訓練のレッスンを

真剣に受けていた時があったのですが、

その時に

当時のトレーナーさんに言われた事が、


「会場について、犬に一通り、その環境になれさせる。

 その時に、シッポが下がってしまっていたり、

 いつもは、楽しそうにやる遊び(ボール遊びなど)にも目もくれなかったり

 大好きなおやつも口にしないようであれば

 無理に、いろいろやらせようと思ってはいけない」


会場で

いつも通り遊べるか?


これがポイントなんですね。


服従訓練では

本番のリンクに入る事はできないので、

リンク以外の場所で

犬が通常通り遊べるかどうか?

とチェックすることしかできませんでしたが、


ドッグダンスの場合、

本リンクでそれができます。



リンク脇でも、いつも通り遊べる

本リンクでもできる


そうしたら、次は、

本番中、遊べるかどうかです。


海外でも

競技会の最中、

合間をぬって、

経験の浅い犬たちが、

本リンクに入って、

曲をかけて

ルーティーンを少しやっては遊ぶ・・

みたいなことをやっている映像を見た方も多いと思います。



日本でも

昔と違って、

今は、沢山のファンマッチが開催されるようになったので、

そこで、

トレーナーさんや

ベテランハンドラーたちが

若い犬と

ルーティーンを演じるのではなく

曲をかけている中で

少しトリックをやっては、

一緒に遊びまくる!


という光景を目にすることも多くなりました。


そうやって

沢山の視線があっても、

こういう緊張した会場でも

怖くないんだよ


という経験を十分に積んでから・・。


いよいよ

本リンクでの

ルーティーン演技になるのです。



本来であれば。(笑)



こういった過程を経たのに

まだ、本番

トロトロする

楽しそうではない


という場合には


技術の習得の不十分さ、

その時の環境が特にいやだった

その時のハンドラーが変だった(爆)


などの理由が出てきます。


あなたの犬は

本番、

リンク内で

あなたと一緒に

楽しそうに遊ぶ事ができますか?


あー、ニコくん、べにくん、

かえすがえすも申し訳ないっ(爆)

反省~。


HP本館 ⇒ Life with doggies

犬連れ旅ブログ ⇒ 車中泊で楽しむ犬連れの旅

Dance with you-ドッグダンスを貴方と

ドッグダンス、ドッグスポーツ奮闘記