犬と遊ぶ事に呪縛されないで。


犬と遊べって言われても、上手に遊べないよ!


そういう方って多いのではないでしょうか?


こちらの記事にも書きましたが ⇒ 本番で練習通りの成果を出す為には?


ドッグダンスの場合、

ルーティンの間中、ハンドラーの指示に集中してもらう為には

まずは、ハンドラーといると楽しい!

ということを犬に理解してもらわなくてはなりません。


この楽しい!と思ってもらうために

犬と遊ぶ訳ですが、

これがトリッキーでして。


上の記事でも、さんざん、”遊ぶ”と書いておいてナンなのですが、

遊ぶ

というより、


楽しむ

という言葉の方が適格だったかもしれません。


話を

遊ぶこと!に戻しまして、

海外からトップフリースタイラーさんたちが

招聘される度、

どこまでも行って、受講しまくっていた私。


おもちゃもトリーツもなしで

犬と1分間遊んでみて!


とか、よく、やらされました~。


今は違いますが

昔は

トリーツもそんなに興味なし、

おもちゃにも興味なし、

だったニコラ。


おもちゃでもトリーツでもダメなのに

何もなしで遊べって言われても・・


そんなん、できるわけないっつーの!


って、キレかかっていましたよ。

毎回。ワタクシ(爆)



まあ、実際、犬と遊ぶのも

やり方があって、

今では、いろいろな研究結果が発表され

ああすればいい、こうすればいい

というメソッドも

沢山出回っているので

そのノウハウで、うまくいくのであれば

是非実践してみるといいと思うのですが。


ですが!ですよ。


ここからは私見。


別に

特に遊ぶ事に呪縛されなくても

いーんじゃないの?


爆!


人間にいろいろな性格があるように

犬の性格もそれぞれ。


飼い主と

キャーキャーテンションあげて遊ぶ事が好きな犬もいれば

静かに寄り添っている方が好きな犬もいる。


遊ぶというと

テンション高く

楽しそうに遊ばせなきゃ!

もう、そのことに呪縛されがちなのですが・・。


もちろん、

競技会で上位を目指す!

とか

もう、観客が熱狂するような

犬が生き生きした演技をしたい!

という場合ではないのであれば・・。


そんなに遊びにこだわる必要はないと思います(爆)


それよりも、


いつでも犬の気持ちに寄り添う事。(絶対にあなたを守るよ!と伝える事)

いつでも、大好きなんだよってことを伝える事。

一貫した態度をとる事。(約束を守る事)


の方が大事なんじゃないかな~。



私は自分の犬のこと大好きよ!

いつも愛情を伝えているのに

本番で全然言う事聞いてくれないし、楽しそうじゃない!


っていう方は・・。



犬とのお約束、守っていますか?



いつもは

練習中、お友達犬の姿を見て、

ママを無視してお友達犬の方に遊びに行くのを許しているのに、


本番だけ、

リンクの周りの犬や人に

注意がそれた時に、

「もうだめじゃないの!」

と、言って(思って)いませんか?


いつもは、

きちんとバックしなくても、

まあ、集中しているし、1歩だけだけどバックしてくれたから・・

と、すぐにトリーツをあげているのに、


本番で、

「決めた振付通りに、曲にあうようにバックをしなかった・・

もう、だめじゃない!」

と、言って(思って)いませんか?


「ここ、怖いよ、いやだよ!」

と犬が訴えているのに

エントリーフィー払ったし!

みんな見ているし!

もうリンク入っちゃったし!

と、ルーティーンを無理に続けさせていませんか?


犬との約束を破ること、

イコール

信頼を破る事。


約束を破るたびに、

犬からの信頼はなくなっていき、

犬の気持ちは離れていきます。


たとえ、毎日、大好きだよ!

と伝えていたとしても。


それにしても。

ずいぶん、

信頼裏切ってきたけど

それでも、ついてきてくれた

ニコくんって

やっぱり、天使だわー(爆)


HP本館 ⇒ Life with doggies

犬連れ旅ブログ ⇒ 車中泊で楽しむ犬連れの旅



Dance with you-ドッグダンスを貴方と

ドッグダンス、ドッグスポーツ奮闘記