シュナラバドッグダンスデモの時の馴致ーぴょん吉

シュナラバ2017でのドッグダンスデモ。


旅の様子、また、当日のシュナラバ会場の様子などは

旅ブログにレポしたのですが

⇒ 車中泊で楽しむ犬連れの旅。シュナラバ遠征カテゴリ


いやー、会場についた途端、

ものすごい人!犬!


というかシュナ!


ミニシュナ、我が家も3頭いて

大好きなのですが


ミニシュナと言えば・・・


うるさーーーいっ!


甲高い叫び声というか吠え声。


あちこちで、すごいボリュームです。


で、我が家のぴょんも

ちょっとした刺激で

ワンワンガウガウするので、


もう、本当に心配でした。


通常、コンペなどの際は

会場をさくっと歩かせて

その後、リンクで馴致・・程度なのですが、


今回はさすがに

出番前、

込み合った、ワフの体育館の中を

一緒に歩きましたよ~。


ぴょんの場合は、

人ごみを歩いて

その間

ずっとアテンションを取らせました。


アテンションが外れたら

名前を呼んで

アテンションが戻ったらトリーツ。



犬の性格によって

対応は違うかとは思います。


こういう場合

犬の自由にさせて

犬の気が済むまでにおいをかがせたり

チェックさせたりする


という方がいい場合もあります。


ですが!


ぴょんの場合は

それをさせたら

本番中も

絶対!やりますから。


もう、この会場に一歩入ったら

絶対集中!

作戦でやりましたよ。


ただ、外のドッグランなどでは

自由に挨拶させたり

においかぎをさせたりしました。


その効果があったのか?

本番中、

もちろん練習の時に比べたら

全然、集中していませんでしたが、

大きくアテンションが外れることもなく

まずまず成功だったと思います。


馴致は本当に大切です。

Dance with you-ドッグダンスを貴方と

ドッグダンス、ドッグスポーツ奮闘記