目指す方向性は?

ニコくん、

新しいルーティーンの練習。


ダンシングクイーン。

以前、このブログでも動画を載せましたが

私がドッグダンスにハマったきっかけとなった

故ルーシィ(GR)が

今はない、わんにゃん多摩で東先生のドッグダンスクラスで

教わったルーティーンのフレーズの一部をそのまま使用。


フロントポジションのキープは

犬にとってはなかなか難しいポジ。


そのフロントポジで

左右に移動するムーブがあるのですが、


ニコくん、完璧!(爆)


本番でできるかどうかは別として!(自爆!)



ニコくんと

ドッグダンスを頑張っていた頃。


とにかく、きれいなポジをキープすること!

が、私にとっての最大の目標でした。


反面、

ポジなどどうでもいいから、

楽しそうに希求性をもって動いて欲しい。


どちらもできたら、

世界のトップフリースタイラーですよ。


でも、当時、犬のポテンシャルや、

トレーニングなんて

全く無知に等しかった私は

無謀にも両方を求めていたのです。


沢山の先生にお世話になりました。


沢山の時間、トレーニングしました。


海外から著名なトレーナーさんがいらっしゃる!と聞けば

場所を問わず、遠くまで出かけて。


冬でも早朝4時には起きて練習!(笑)


がんばってたねー。

ニコくんもがんばったね。


それでも

全然、楽しそうにしていない!

希求性ゼロ!

本番でできない!


って文句タラタラでしたねぇ。


まったくもって可哀そうなニコ。


でも、今、

こうやって

全然練習しなくても


ライト!(右)と言えば、右にサイドステップを踏み、

レフト!(左)と言えば、左にサイドステップを踏み・・。


お尻!と言えば、曲がったお尻を直す。



ニコくん、素晴らしすぎです。


で、トレーニングした私もスゴイ!


あ、本番でできるかどうかは別として(シツコイ)


あの頃、目指す方向性が

「希求性もあり、なおかつ正確!」


という、まったくもって無謀すぎるゴールだったので

ニコくんには本当にかわいそうなことをしてしまいました。


今、振り返ってみれば

目指していたことのひとつ


「ポジションの正確性」


については

ある程度、達成しつつあったのに。


めざす方向性をクリアにすること

の重要性を今更ながらに痛感しています。



紅丸はそこまでしつこくポジションの練習など

トレーニングしていないので、

全然ですよ。


紅の持ち味は希求性。


それを壊さない様に、殺さないように!と

トレーニングしてきました。


服従訓練をメインにやってきたので

JKCの服従訓練項目に関しては素晴らしいと思いますが

ドッグダンスポジションに関しては全然!


ニコくん

努力してきただけのことはあったね~。


まあ、今は

シニアドッグお約束の

食べ物クレクレ星人になっているので、

トリーツにくるって

ポジションどころではなくなる場合が多々!なのですが、

時折見せる

こういった、素晴らしい技術に

目頭を熱くしているワタクシなのでした。

Dance with you-ドッグダンスを貴方と

ドッグダンス、ドッグスポーツ奮闘記